今年の学習机の人気ランキングはこちら

激安の学習机や人気学習机がランクイン・アウトレット・オカムラ学習デスク・パイン材ほか学習デスク・学習机を買う前にチェック!

学習机の人気ランキングを見る

2017年05月24日

学習机の購入店舗

学習机の購入先は、家具量販店であるという人は多いと思います。
もちろん学習机を選ぶ際は、実際に学習机に触れて機能性やデザイン、色合いを確認したほうがいいでしょう。

家電量販店以外でも通信販売などで学習机は販売されています。
インターネット経由でも学習机を購入することができます。
通信販売やインターネットで購入すると、店舗で購入する場合に比べて費用は安く抑えることができ、種類も豊富です。
しかし、購入後に自宅に届いた実物を見て「こんなはずではなかった」と思うケースも少なくありません。
学習机は長期間使用するだけでなく、高価な買い物になりますので、実物を見て判断したようがいいでしょう。
できるだけ多くの学習机が展示されている家具屋さんに行きましょう。
さまざまなメーカーから、各種の学習机が発売されています。
機能性を重視するのか、デザインを重視するのか、子供の趣味を優先するのか、さまざまな角度から検証すべきでしょう。

家具屋で気に入った商品を見つけ、インターネット経由で購入する、という方法もあります。
電化製品などは故障したときのアフターサービスのことを考えて近所の量販店で買う、という人が多いようです。
しかし、学習机は電化製品ほど故障することはありませんので、アフターサービスのことを考えることは、あまり必要ではないと思います。
インターネットで検索すれば、最も安く手に入る店舗を探すことができます。
学校に入学する際には、学習机以外にも沢山の種類の物を準備しなければなりませんので、可能な範囲で出費は抑えたいものです。
posted by 学習机 at 20:31 | TrackBack(0) | 学習机選びの注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習机選択時の注意点その1

学習机を購入する際には、いろいろなことに注意しなければなりません。
学習机のサイズも重要なポイントの一つであると思います。
部屋のサイズや間取りをよく考えて、学習机を置く場所を決めてから選んだほうがいいでしょう。
学習机を購入したのち、スペースが確保できずに四苦八苦する、という話もよく聞きます。
学習机と同時に本棚を購入することもあります。
チェストやベッドを購入する人もいるでしょう。
天井の梁が邪魔して本棚が入らないこともありますので部屋のサイズを測っておきましょう。

これらの家具をどのように配置するのか、レイアウトをあらかじめ練っておき、ある程度のサイズを決めておくといいかもしれません。
窓の位置やコンセントの位置など、考えなければならないことは沢山あります。
窓からの光をできるだけ効率的に部屋に取り込めるように、電源からの延長コードが複雑にならないように考えていきましょう。
兄弟で共用している部屋であれば、将来学習机は増えていきますので、将来のことも考えて部屋のレイアウトを行ったほうがよさそうです。

子供部屋に搬入できるかどうか、という事も大事なポイントです。
狭い階段や狭い廊下、部屋への入り口のドアのサイズなど、家具屋の担当者とよく打ち合わせすることが必要になってきます。
ほとんどの学習机は分解された状態で搬入されてきますので、まず問題にはならないと思いますが。
気に入った学習机が部屋に入らずに返品する、ということが無いようにしたいものです。
posted by 学習机 at 20:31 | TrackBack(1) | 学習机選びの注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習机選択時の注意点その2

学習机の色は壁紙の色や床の色、カーテンの色なども考慮して決めたほうがいいようです。
効率よく勉強するためには集中力をどのくらい持続できるかがポイントになってきます。
色彩が集中力に与える影響はよく知られています。
落ち着いた雰囲気も持ち、集中できる環境を作り出すためには原色を多用することは避けたほうがいいようです。

デザインを優先するあまり、機能性に欠けている学習机もあります。
実際に学習机をしていくのは子供ですので、子供の立場に立って学習机を選んであげましょう。
機能性に優れていれば勉強の効率も上がってくると思います。

新品の学習机は安いものではありません。
デザインやサイズが合わなくなっても、すぐに買い換えるということもできません。
そのため、小学校入学時は中古品を購入し、子供が大きくなったら改めて学習机を購入する、という人もいます。
リサイクルショップなどで学習机は手に入ります。
学習机のデスク部分のみリサイクルショップで購入し、チェアは新品を購入するという方法もあります。
小学校低学年時では学習机はあまり使用されていません。
学習机を長時間使用する年代になってから購入するという選択肢もあります。
子供が大きくなればデザインや色の趣味などもはっきりと見えてくるはずです。
その時点で子供に合う学習机を購入すればよいのです。
小学校入学時の学習机は中古品を購入し、中学校入学時に改めて新品を購入するという方法も考えてみてはどうでしょうか。
posted by 学習机 at 20:31 | TrackBack(0) | 学習机選びの注意点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
学習机の質問
 メーカー別・学習机の価格比較は?

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。